FC2ブログ

健康と病気



夏休み明け前後に子供の自殺が増える 

夏休み明け前後に子供の自殺が増える!

悩みを抱えた子供にSOSを発信させようという
取り組みが広がっている。学校の授業やSNSなど、
様々な機会を通して命の大切さを訴える。

ヨミドクター参照


 「自分を大切にしよう」

東京都教育委員会は今年、ストレスへの対処法などを
子供に考えさせるDVD教材を作成し、
小中高校の授業で活用を始めた。

東京都福生市立福生第七小学校で7月中旬、
DVDを使った授業が行われた。
6年担任の浅井博行教諭(39)が
「つらい時はどうする」と呼びかけると、
児童はそれぞれ対処法を書き出した。
授業後、ある児童(12)は「自分なら叫ぶ。
でも、友達に相談する方法もあるんだと思った」と話した。

◆ 自殺対策に取り組むNPO法人「ライフリンク」によると、
自殺する若者は助けの求め方が分からず、
公的な窓口も知らない例が少なくないという。

小中高校生の自殺は増加
 警察庁などによると、自殺者の総数は2009年の約3万3000人
から17年は約2万1000人と減ったのに対し、
小中高校生は09年の306人から17年は357人と逆に増えている。

 また、自殺総合対策推進センターが1973~2015年度の自殺を分析したところ、
小中高校生の自殺者は9月1日が最多で109人。
前後にあたる同2日は83人、8月31日も84人だった。
原因は学業不振や友人関係、進路の悩み、
いじめなどで、森口和研究員は
長期休みで学校に関する悩みを忘れていたのに、
再開が近づくと思い出され、ストレスになっている
」と。


 昨年11月から市立中学生を対象に
無料通信アプリ「LINE(ライン)」での相談を始めた大津市。
今年3月までに延べ67回の相談があり、
同期間の電話件数を上回った。

内訳は、いじめ関係が11回、
友人関係や恋愛相談、勉強などが44回だった。

相談経験のある京都大の杉原保史教授(臨床心理学)は
「SNSは子供が相談しやすい窓口としてニーズがある。
大人がノウハウを共有し、相談技術を向上させる必要がある」
と指摘している。

スポンサードリンク
( 2018/08/28 10:42 ) Category 子供の自殺 | トラックバック(-) | コメント(-)
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法