健康と病気



歯周病と歯槽膿漏 

口の中、のど、食道
他の部分の病気ももちろんですが、
口からものが食べられなくなる、
というのも、命とりですね。

親族にそうした部分での病気が原因で亡くなった者が多いので、
実感しています。

◆歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患、
だと言われますが、
歯磨きをその都度ていねいにやるのは、
結構大変です。

歯肉炎は歯肉の部分に炎症がある症状のことをいうそうですが、
歯肉炎が進行すると、
歯槽骨や周囲組織が破壊され、
腫れや出血などの症状を伴うんですね。

経験済みです。はい。つらいものです。

歯槽膿漏は歯周炎を放置しておくことで、
炎症がさらに進んでしまった状態の重度の
歯周病のことをいうそうです。

日本人の80%が罹患しているそうです。
歯周病(歯槽膿漏)。

実はギネスブックにも
「全世界で最も蔓延している病気は歯周病(歯槽膿漏)である。
地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」
と記されているとか。

歯周病(歯槽膿漏)は治らないのでしょうか?

これは歯科医師によって見解が違う・・。

「改善できる」ことが指標らしいです。

完全に治すことは出来なくても、
今の状態よりも良くすることはできる。

ということなんですね。

軽度の歯周病(歯槽膿漏)であれば、
骨の吸収も見られず、ほぼ元通りに改善することが
できるそうです。

中等度の歯周病(歯槽膿漏)であっても、
溶けてしまった歯を支える骨は戻すことはできませんが、
歯ぐきをしっかりさせることで歯を支える力を取り戻す
ことは出来る、とか。

重度の歯周病(歯槽膿漏)でも、
歯周外科によって歯肉を再生させ、
歯の延命を図ることは可能。

症状や進行の度合い・個人差によって、
回復の度合いは変わりますが、
80%まで症状を改善する、
溶けた骨は戻せなくても、
痛みや腫れの原因を取り除くことが出来る、
というのが歯周病(歯槽膿漏)の改善、

ということなんですね。

大切なのは、
改善してから歯周病(歯槽膿漏)を再発・悪化させないこと、
だそうです。

治療したからといって口の中から細菌が消えることはない。
定期的に歯医者に通う「予防歯科」を習慣化することが、
歯周病(歯槽膿漏)に対する一番の対応策であることだ、

というんですが、
実行することは、結構大変ですね!

忘れないでも、歯の痛みはやってきます。
これは、経験上からです。

ああ、また歯周病菌が、と気にしつつ、
夜中に急にひどく痛み出したりしています。

歯間ブラシでないとダメだと、
歯科医から言われました。

体験談、でした・・

スポンサードリンク
( 2018/03/17 11:26 ) Category 歯科・口腔外科 | トラックバック(-) | コメント(-)
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法