FC2ブログ

健康と病気



高齢者がん…「肺」58%、「胃」56%で積極治療せず 

85歳以上・進行期の高齢者がん
「肺」58%、「胃」56%で積極治療せず


ヨミドクターより

がん患者における高齢者の割合が増える中、
最も病状が進んだ進行がんになった85歳以上の高齢者に対して、
積極的な治療をせず経過観察などにとどめる割合が、
がん種により最大で6割を超えることが国立がん研究センターが、
9日に発表したデータでわかった。

全患者5年生存率65%

がんは進行度に応じて早期の1期から、
他の臓器に転移するなど、最も進行した4期に分類される。

国立がん研究センターセンターによると、
1年間にがんになる人全体に占める75歳以上の割合は、
2012年で42%を占め、2002年(35%)から7ポイント増えていた。
高齢化の進展で今後も割合は増えるとみられる。


スポンサードリンク
( 2017/10/24 16:49 ) Category 高齢者ガン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法