FC2ブログ

健康と病気



「ハイブリッドER」導入病院で死亡率3割減 ! 

重傷者の診断・治療を同時に
「ハイブリッドER」導入病院で死亡率3割減

(ヨミドクターよりー)

大阪市住吉区の大阪急性期・総合医療センターのハイブリッドER

重傷患者の診断と治療を同時に行える新たな救命治療室
「ハイブリッドER」を2011年に世界に先がけて導入した大阪急性期・総合医療センター(大阪市)で、
患者の死亡率が約3割減ったことがわかった。

 事故などで救急搬送された重傷患者は、
コンピューター断層撮影法(CT)の画像などで体内の出血部位を確認し、
止血する必要がある。

だが、治療室とCT室を行き来する数十分間で状態が悪化し、
出血部位がわからないまま開腹手術をすることもあったという。

 ハイブリッドERでは、患者を治療するベッドのそばで、
CTや血管撮影の機器が移動して体内の様子を映し出す。
医師は正確に止血し、手術もできるという。

 大阪急性期・総合医療センターの藤見聡・高度救命救急センター長らが
導入前と導入後の重傷患者計700例を分析。

緊急手術開始までの時間は68分から47分に、
28日後の死亡率は22%から15%に改善できた。
出血死の割合も8%から3%に下がった。

 国内ではこれまで関東や九州などの8病院が導入。
海外の学会では「日本式ER」などと紹介され、
韓国・ 釜山プサン 大病院が一昨年に導入したという。

中森靖・関西医大診療教授(救命救急)は
「従来は医師のカンや経験に基づくことも多かったが、
ハイブリッドERでは正確な治療ができる。
さらに多くの施設に広がれば」と期待している。
スポンサードリンク
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法