FC2ブログ

健康と病気



[歌手・徳永英明さん]もやもや病だった! 

[歌手 徳永英明さん] もやもや病だった!

悪い生活習慣ばかりだった、と。

「レイニー ブルー」
「輝きながら…」
「壊れかけのRadio」・・

1980年代から90年代にかけてヒット曲を連発した。

2000年代には、
女性歌手の名曲をカバーした「VOCALIST」シリーズが話題を呼んだ。

そんな生活が続いていた2001年5月、異変が起こった。

歌っていて歌詞が出てこない。

脳血管の難病
「もやもや病」だったという。


◆もやもや病:

脳に栄養を送る太い動脈がつまり、
不足した血液を補うように周りから細い血管が発達する病気。

発達した血管が「もやもや」した血管の様に見えることから、
「もやもや病」の名前がつけられた。

虚血の発作は過換気(過呼吸)が原因で起こる。

過換気状態になると血液中の二酸化炭素分圧が低下。

二酸化炭素は血管を拡張させる働きがあるので、

これが減少すると血管が収縮する。

元々細い異常血管網(もやもや血管)は、
さらに収縮を起こして脳に送るべき酸素の供給が不足する状態になる。

こうして失神や脱力発作が起こるという。

■東京大学脳神経外科:もやもや病 外来
もやもや病の症状は、脳の血流が低下したことによる脳の虚血の症状で、
一過性の脱力発作が挙げられます。
重症の場合は、脳梗塞となって後遺症をきたすこともあります。
その他、痙攣発作や知能低下などの症状もあります。 
 また成人のもやもや病の場合は、脳出血を引き起こす場合もあります。

・東京大学医学部附属病院の外来予約センター(03-5800-8630、12:30-17:00)
に電話をして予約をお取りください。

※紹介状が必要です。

・「もやもや病」外来:もやもや病および脳血管狭窄の患者さんの内科的治療・外科的治療を組みわせて、
患者さん個人個人の状態に合わせた「個別化医療(テーラーメイド医療)」を行っています。
詳しい病気の説明は日本脳神経外科学会のホームページを御参照ください
(http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/104.html)。

スポンサードリンク
( 2017/09/15 15:36 ) Category 脳神経 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法