健康と病気



★異例の事態:同型O157感染源特定できないまま11都県に広がる 

同型O157、感染源特定できないまま11都県に広がる!
ヨミドクターより

埼玉、群馬両県の総菜販売店でポテトサラダなどを購入した人が、
腸管出血性大腸菌 Oオー 157に感染した問題で、
両県を含め、関西など計11都県の患者から同じ遺伝子型のO157が検出されたことが、
厚生労働省への取材でわかった。

感染源が特定できないまま、同じ型の菌が広がるのは異例の事態だという。

「特定は困難」
厚労省によると、埼玉、群馬県の患者から検出されたのは、
「VT2」と呼ばれる毒素を出すタイプのO157。
このタイプによる患者の報告件数は8月14~20日の1週間で計144件に上り、
過去5年で最も流行した昨年8月15~21日の123件を超えたという。

国立感染症研究所の検査の結果、
東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、長野、新潟、滋賀、三重、香川
の計11都県の患者から検出された菌が遺伝子型まで一致。

感染症に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、
「基本的には同一の感染源だと考えられるが、
患者の動きや食材の情報などをきちんと調査して判断することが重要だ」と。

東北大の 賀来満夫教授(感染制御学)は、
「O157は人間や動物の体内など様々な場所で生息できるため、
そもそも特定するのが難しい」と話す。
牛の腸の中などにすんでいる菌が、
調理や流通の過程で様々な食材に移る可能性もあり、
そうなれば特定はさらに困難になるという。

 感染ルートについて厚労省は、
〈1〉特定の食品などが感染源となって広く流通している
〈2〉汚染源の食品を食べるなどして感染した人が調理をし、菌が広がる
――など。
(ヨミドクターより)
スポンサードリンク
( 2017/09/06 10:15 ) Category O157 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法