健康と病気



生涯現役だった医師・日野原重明さん!  

言いたいことをいっぱい発信した日野原重明さん!

日野原重明(ひのはら・しげあき)さん死去!
105歳 聖路加国際病院名誉院長

18日午前6時33分、呼吸不全で死去。

人生を有意義に生きた、
人生の先輩。

生活習慣病の生みの親。

小柄な体で、パワフルだった!

医師になって良かったですね。

葬儀は29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所で。

★日野原重明(ひのはら・しげあき)聖路加国際病院名誉院長
1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。
41年から聖路加国際病院に勤め、科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任。
02年度朝日社会福祉賞。05年に文化勲章を受章。
・専門は内科学。
成人病と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」
と呼んで病気の予防につなげようと1970年代から提唱してきた。
旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称した。

87年からは小学生を対象に「いのちの授業」を続けた。
著書多数。
90歳で出版した「生きかた上手」がベストセラーに。
=朝日新聞デジタル参照=
スポンサードリンク
( 2017/07/18 15:52 ) Category 生活習慣病 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法