健康と病気



認知症「前段階」なら半数は回復! 

認知症「前段階」なら半数は回復

高齢者4年間追跡調査の結果だという。=ヨミドクターより=

認知症の前段階と言われる「軽度認知障害(MCI)」の高齢住民を4年間追跡調査したところ、

14%が認知症に進んだ一方、
46%は正常に戻ったと。

国立長寿医療研究センター(愛知県 大府おおぶ 市)の研究班がまとめた。

MCIと判定されても改善する例も多いことを示す結果で、近く米医学専門誌に発表するという。

これは、認知症ではない65歳以上の同市住民約4200人を2011年から4年間追跡したもの。
タブレット端末を用い、国際的なMCI判定基準をもとに約150項目に回答する形で認知機能を検査すると、
当初時点で約740人(18%)がMCIと判定された。

4年後に同じ検査を行うと、MCIだった人の46%は正常範囲に戻っていた。

この検査は、
〈1〉記憶力
〈2〉注意力
〈3〉処理速度
〈4〉実行機能

の4項目で調べるが、MCIの中でも、
1項目だけが低いタイプが正常に戻った割合は39~57%。

複数の項目に問題があるタイプは20%台。

MCIの中にも幅があり、問題のある項目が少ない方が、
回復率が高い傾向がみられたという。

一方、
4年の間に認知症と診断された人の割合は、
MCIだった人では14%で、
正常だった人の5%に比べ、
大幅に高かったという。
スポンサードリンク
( 2017/06/07 22:36 ) Category 認知症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法