健康と病気



若手医師の方が、ベテラン医師より患者の死亡率低く…米大分析 

肺炎や心不全などで緊急入院した高齢患者の死亡率は、
若手の内科医が診たほうが低い、

とする分析結果を米ハーバード大学の津川友介研究員(医療政策)らが発表。
(ヨミドクターより)

若手が、
教育や研修で得た最新の知識や考え方を診療に用いているためと研究チームはみている。

研究チームは、
全米の病院に2011~14年に入院した65歳以上の延べ約74万人の診療記録を分析。
研修医を除く内科医約1万9000人について、
年齢で治療成績に差があるかを調べた。
患者の年齢、重症度などの要素を調整し、比較できるようにしたという。

その結果、
入院後30日以内の死亡率は、
39歳以下の医師の患者では10.8%だったが、
40歳代では11.1%、
50歳代では11.3%と上がり、
60歳以上では12.1%と高くなった。

一方、多くの患者を診る医師に絞ると年齢による差はなく、
全体の死亡率(11.1%)より低かった。

今回の成果が他の診療科や日本に当てはまるかどうかは検証が必要だが、
津川研究員は「若手の内科医をもっと信頼していいと考えられる。
高齢の医師を受診する際は治療実績の情報を集めるとよいだろう」と。

・医療制度に詳しい慶応大学の後藤 励 准教授(医療経済学)の話:
「ベテランは経験を積むことで技能はあるが、『最新の知識』の習得という側面では遅れているのではないか
という視点を踏まえて検討した画期的な成果。国内でも検証を行う価値はある」

元の記事:
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170529-OYTET50016/#csidx2af84fc763bf6d49df6de67b268abff
スポンサードリンク
( 2017/05/30 11:53 ) Category 若手医師と年配医師 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法