FC2ブログ

健康と病気



うつ病に認知行動療法 1年後7割が「無症状」 

つ病に認知行動療法⇒ 治療終了から1年後、7割が「無症状」
<ヨミドクターより>

◆うつ病に認知行動療法

薬が十分効かなかった中等度のうつ病患者に対し、
医師らと面接を重ねて悲観的になりやすい考え方の癖を変えていく認知行動療法を行うと、
治療終了から1年後、7割がほぼ無症状になった、
との研究報告を慶応大学のチームがまとめた。

治療終了直後よりも改善率が高まった
という。

研究対象は、抗うつ薬を2か月間飲んでも中等度のうつ病が改善しない20~65歳の患者80人。
うち半分は薬物治療のみを継続、
もう半分は4か月間、薬物治療に加えて週1回45分の認知行動療法を受けた。

それから1年後まで定期的に、
うつ病の重症度を調べる心理検査を行い、比較。

その結果、認知行動療法を受けたグループでほぼ無症状になった人の割合は、
認知行動療法のプログラム終了直後が43%。
その後も徐々に高まり、1年後に73%まで上昇した。

一方、
薬物のみのグループでは研究開始4か月後が20%。
その1年後は43%だったという。

うつ病は時間とともに改善することもあるが、
認知行動療法を受けた方が改善率が高かった。


慶応大学病院の中川敦夫特任講師:
「患者さん本人が、考え方や行動の幅を広げる技術を学ぶと、
治療終了後も日常生活でそれを生かし、改善が続くのだろう」と分析。

☆中川 敦夫 特任講師  (クリニカルリサーチセンター)
・専門
臨床精神医学、うつ病全般の診療
・資格
精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医

スポンサードリンク
( 2017/03/27 12:29 ) Category うつ治療 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法