健康と病気



性同一性障害…「女性」の精子どうなる? 

「性別違和症候群」、「性同一性障害」  ヨミドクターより

性同一性障害の人たちは、
治療としてホルモン療法をしたり、性別適合手術を受けたりすることがある。

ホルモン療法:
体は男性、心は女性の人が、体を女性化するために女性ホルモンを使用したり、
体は女性、心は男性の人が男性化するために男性ホルモンを使用すること。

体が女性の人が男性ホルモンを注射すれば、体は筋肉質になっていき、声は低くなり、ヒゲが生えてくる。
性別適合手術のうち、MTFの人は、ペニスと精巣を切除し、 膣ちつ を作る。
FTMの人は、卵巣と子宮を摘出し、太ももや腹部の皮膚を用いてペニスを作る。

☆小堀善友(こぼり・よしとも)泌尿器科医 
2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。
2014年9月から16年3月まで米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。
専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。ホームページは「Dr.小堀の男の妊活ガイド」。
主な著書に『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。

性同一性障害…「女性」の精子どうなる?については、以下参照:
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161227-OYTET50020/

ヨミドクターより
スポンサードリンク
( 2016/12/30 21:32 ) Category 性の悩み | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法