健康と病気



頸椎手術ミス 群馬大学病院 

群大病院で頸椎手術ミスで人工呼吸器必要な状態 

前橋市にある
群馬大学病院は8日、整形外科で昨年11月下旬、群馬県内の50歳代の男性に行った 頸椎を固定する手術で、器具を誤った場所に挿入する医療事故があったと発表。

すぐに再手術したが、
男性は右の腕と足をほとんど動かせず、人工呼吸器が必要な状態という。

男性は頸椎が変形して神経を圧迫する進行性の病気のため、歩行が困難になるほどの重症だったという。
手術では、
4本のねじ状の金属製器具で、ぐらついている骨を固定し、神経への圧迫を軽減させる手術を受けたが、
一部の器具が神経の束がある脊柱管内に誤って入ってしまったという。

外部の専門医を含む事故調査委員会が調べたところ、難易度の高い手術にもかかわらず、器具の挿入位置を確認するための準備が不足していたことが分かった、と。

群馬大病院では腹腔鏡による肝臓手術などで患者が死亡する事故が相次いだため、改善策として術前説明の徹底やカルテの詳細な書き方を決めていたが、この男性の手術については守られていなかったという。

 病院によると、昨年11月の手術の際、担当医師が一部の金具の差し込む位置を間違え、脊髄を圧迫。
現在も人工呼吸器が必要な状態で、回復するかどうかの判断は1年ほど経過をみる必要があるという。

麻痺などの症状は手術による神経障害によるものとされたが、
田村遵一病院長は「患者や家族に深くおわびし、全力で治療を尽くしていく」と謝罪。

手術では、4本のねじ状の金属製器具で、ぐらついている骨を固定し、神経への圧迫を軽減させる手術を受けたが、
一部の器具が神経の束がある脊柱管内に誤って入ってしまったという。

難易度の高い手術にもかかわらず、器具の挿入位置を確認するための準備が不足していた、ということだが、度重なる医療事故を思うと、抜本的な見直しとj改善策の実行が必至ですね。患者の立場をもう少し考慮するべきですね。

スポンサードリンク
( 2016/07/11 11:08 ) Category 整形外科 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法