FC2ブログ

健康と病気



小林麻央の乳がん公表 

市川海老蔵さん 小林麻央三の乳がん公表   By スポニチ

2010年に結婚した市川海老蔵、小林麻央夫妻

乳がんは1996年に日本人女性の悪性腫瘍罹患率第1位となり、
現在では14人に1人の日本人女性が患っていると言われている。

発生は20歳すぎから認められ、40代後半が最も多く、
35歳以下での発生は死亡率が高いという。

乳腺外科・ベルーガクリニックの富永祐司院長は、
会見での海老蔵の発言から「ステージ3を超えて、ステージ4に入っているのではないか」と。

ステージ4だと骨や他の臓器への転移が考えられるという。

手術で乳房を切除し、抗がん剤治療と進むケースが一般的だが、
海老蔵さんによると、麻央さんは患部を取らずに抗がん剤治療から始めたという。

富永院長は「見つかった時点でかなり進行していたのではないか」と。

「En女医会」の乳腺外科医・尹玲花(いん・れいか)氏は、
「麻央さんは女性なので、(最初に)切除を望まなかったことも考えられる」と。

乳がんは、特に早期発見と早期治療が重要ですね。

スポンサードリンク
( 2016/06/13 18:28 ) Category がん検診 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法