健康と病気



血液型と病気 凝固因子 AB O A B 

ヨミドクターを読んで

北欧で110万人調査

米国で実施された調査では、AB型の人は他の血液型の人に比べて脳卒中や認知機能障害になる危険性が高いことが示されている(関連記事: AB型の人は脳卒中リスクが3割高い―米研究 、 認知障害になりやすい血液型は?―米研究で関連指摘 )。

O型の男性は前立腺がんの再発リスクが低いこと(関連記事: O型の男性は前立腺がんを再発しにくい―東京医大 )、
O型の女性は2型糖尿病になるリスクが低いこと(関連記事: 糖尿病リスクが高い血液型とは? 仏女性8万人を調査 )なども報告されている。

さらに4月12日発行の米医学誌「Circulation」( 2016;133:1449-57 )に掲載された論文によると、スウェーデンとデンマークで献血に協力した約110万人を10年以上追跡した調査から、静脈血栓塞栓(そくせん)症、いわゆるエコノミークラス症候群についても、発症リスクが最も高い血液型と、最も低い血液型が明らかになったという。

血液の固まりやすさに関係する「凝固因子」の濃度が影響か

調査を実施したのはスウェーデン・カロリンスカ研究所疫学・生物統計学部のグスタフ・エドグレン氏ら。
スウェーデンとデンマークで献血に協力した男女111万2,000人を平均で12.6年間、追跡調査。

A型は48万6,000人、AB型は5万6,000人、B型は12万4,000人、O型は44万6,000人。
このうちO型以外の血液型(A型+AB型+B型)の人では、O型の人に比べて静脈血栓塞栓症を発症するリスクが1.8倍で、
特に妊娠に関係した静脈血栓塞栓症のリスクは2.2倍と高いことが明らかになったという。

 また、心筋梗塞や脳卒中を発症する危険性も、O型の人に比べてO型以外の血液型の人では7~10%高いことが分かった。
さらに血液型ごとに詳しく分析したところ、静脈血栓塞栓症のリスクはAB型で最も高く、O型の人に比べて2倍だった。
一方、A型とB型の人のリスクはいずれもO型の人の1.7倍だったという。

 この調査結果からは、
血栓塞栓症のリスクが最も高いのはAB型で、最も低いのはO型である可能性が示されたが、このように血液型によってリスクに違いがあるのはなぜだろうか。

エドグレン氏らによると、血液の固まりやすさに関係する成分である「凝固因子」の血液中の濃度がO型の人に比べてO型以外では高いことが分かっており、このことが血液のかたまりを原因とする病気である血栓塞栓症をかかりやすくしている一因かもしれないとの考えを示している。

◆血液型は脳卒中やがんとも関連

AB型の人は脳卒中リスクが3割高い―米研究、ノロウイルスもついに「ワクチンで防げる病気」に?、
O型の男性は前立腺がんを再発しにくい―東京医大)。

Alexander氏らは、米国で2003~07年に登録された後、平均3.4年間の追跡調査中に認知障害が現れた495人と、現れなかった587人について、血液型やその中にある血液を固まらせるタンパク質(血液凝固第Ⅷ因子)の濃度と、認知障害との関係を検討した。

すると、認知障害でないグループでAB型の割合が4%だったのに対し、認知障害グループでは6%と多かったという。

AB型でリスク82%増

年齢や性別、人種、地域などの影響を除外した上で、O型を基準に認知障害になるリスクを解析したところ、A型もB型もO型と変わらなかったが、AB型では82%高いことが判明。
さらに、血液凝固第Ⅷ因子の濃度が高くなるごとに認知障害リスクも上がることも分かったという。

 Alexander氏らによると、AB型では血液凝固第Ⅷ因子の平均濃度がO型の約1.4倍だったが、AB型の認知障害リスクの高まりは血液凝固第Ⅷ因子の濃度と関係なかったという。

※脳卒中や心臓病を引き起こす要素、危険因子の一部は、認知症や認知障害にも影響する。
これまでの研究でAB型は脳卒中や心臓病になるリスクが高いと報告されていることから、
同氏らは「今回の研究は、脳卒中や心臓病などと認知障害の関係について理解を深める助けとなるだろう」と。

血液型の誤分類があった可能性や、影響を除外しきれなかった要素があることなど研究の限界点を挙げた上で、今後のさらなる研究で仕組みの解明が必要と指摘している。
スポンサードリンク
( 2016/06/05 11:29 ) Category 病気と健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法