FC2ブログ

健康と病気



胃がん 主犯ピロリ菌!Helicobacter pylori & stomach cancer 

胃がん 主犯のピロリ菌を見逃すな!

ヨミドクターを読んで

日本人がかかるがんで最も比率の高い胃がんは、
死亡する確率が低いことでも知られるという。

俳優の渡辺謙さんも早期の胃がんを切除したという。

消化器系のがんの治療に40年以上携わる北海道医療大学学長の浅香正博さんがBS日テレ「深層NEWS」に出演し、
胃がんのメカニズムを解説するとともに、胃がんで命を落とさないためにピロリ感染胃炎を疑って専門医療機関を受診する必要性を訴えた。

★5年生存率が60%超の日本

日本人の胃がんは、
罹患数は第1位であるのに対し、
死亡した人の数だと3位だという。
日本での胃がんは「助かる病気」で、
5年生存率は60%を超えているとのこと。

 ただ、胃がんでも、とにかく早く見つけないと助からないという。
日本以外の国だと、
5年生存率は10~20%であるという。

早期診断が非常に大切だなんですね。

早期の胃がんは、
胃の粘膜と粘膜下層の間でがんの浸潤が止まっている。

このうち、内視鏡手術でがんを取ることができるのは、粘膜にとどまっているがんまでで、
粘膜下層まで行ったがんに関しては、やはり手術をしなければならないとのこと。
内視鏡で取ってしまうことができれば、わずか数日で退院することも可能。

粘膜にとどまっている早期胃がんの場合、
5年生存率は97.8%。

しかし、
粘膜、粘膜下層を貫いて、固有筋層まで行ってしまった進行がんになると、
50~70%に。

さらに漿膜を越えてがんが浸潤してしまうと、
周りに大網、大腸、膵臓などがあるため、
ステージ4になるt、予後がきわめて悪くなるとのこと。

WHO(世界保健機関)は、
世界の胃がん患者の80%でピロリ菌が陽性だと推計しているとのこと。
これは胃がん全体の数字で、
胃の入り口以外にできる「非噴門(ひふんもん)胃がん」の場合は、
90%がピロリ菌によるものだという。

日本人は胃の入り口にできるがんが非常に少なく、
大半が非噴門胃がんで、胃がんの最大のリスク要因がピロリ菌であるということが、
WHOによっても認められているそうだ。

広島大学や北海道大学などが、
ピロリ菌の抗体のほかに呼気試験などの検査もまじえて詳細に検討したところ、
日本人の胃がん患者のほぼ99%がピロリ菌陽性とのこと。

現在、ピロリ菌がいない日本人は、将来、胃がんになる可能性は限りなく小さいということが言えるそうです。

ピロリ菌を持っている人の99%が胃がんになるわけではないが、
ピロリ菌を持っている人に、別の要因が加わることによって、胃がんが発生しやすくなるとのこと。

ピロリ菌を持っている人が塩分を取り過ぎると、胃がんになりやすくなる。
ピロリ菌陽性者では、摂取塩分の濃度依存的にがんが発生してくるが、
ピロリ菌がいないと、食塩をどれだけ摂取しても胃がんは発生しないで胃炎しか起こってこないとのこと。

野菜や果物を摂取すると、胃がんになりにくいと言われるが、
緑黄色野菜や果物に含まれるビタミンCは、がんの発生を抑制する働きがあるが、
ピロリ菌に感染していると、ビタミンCが胃の中に分泌されないとのこと。

ピロリ菌があると、野菜や果物をとってもがんを防ぐ効果がなくなってしまうことが科学的に証明されているんですね。
スポンサードリンク
( 2016/04/20 14:19 ) Category 胃がん検診 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法