健康と病気



増えるスマホ中毒、寝室に持ち込み睡眠障害も 

増えるスマホ中毒、寝室に持ち込み睡眠障害も

フランスでも!

ヨミドクターより

スマートフォンが普及している。

メトロやバスの乗車中や歩いている時など、電話やメッセージ交換、ゲームなどをしている姿を見かけるようになったが、
職場でも片時も離さずに携帯している。

フランス国立「睡眠と覚醒研究所」:
フランス人の約半数が寝室にもパソコンやスマートフォンやタブレットなどを持ち込んでいるという。
目覚まし機能を使う人もいるだろうが、夜中でもメッセージやメールを受け取り、その音や明かりで睡眠を妨げられ、
睡眠不足から睡眠障害に至るまで問題が広がってきているという。

メッセージを受け取った人の多くは、返信までしてしまい、
その後、眠りにつけない人もいるという。
メッセージの内容によっては、睡眠に悪影響が出ることもあると思われる。

スマホ中毒といっていいほど依存しているフランス人も多く、
睡眠障害を訴える人に寝室へのスマートフォンやタブレットの持ち込みを禁じたところ、
大きな改善がみられたという。

睡眠障害を訴えている人の約7割以上が、こういった夜中のパソコン、スマートフォン、タブレットなどによる覚醒が引き起こす睡眠不足が、翌日の学業、仕事に影響を及ぼしていると答えている。

慢性的な睡眠不足を解消するために、週末に寝だめすることで、なんとか帳尻をあわせているという。

寝室にスマートフォンを持ち込むのは睡眠の妨げになることはわかっていても、
目覚まし機能や便利さから、ついつい枕元に置いて寝てしまうのだろう。

日中はともかく、寝室に持ち込むことは睡眠障害を引き起こす原因の一つともなるので、極力、寝室への持ち込みを控えるように専門家は呼びかけている。

麻酔科の医師の話では、眠る前に楽しいことやうれしいことなど、何か心が軽く、明るくなることを考えながら眠ることがとても大切だという。それによって睡眠の質が変わるという。

眠る前のイメージが悪いと、悪夢を見てしまうこともあるらしい。
眠る前のスマートフォンのメッセージやメールの内容が必ずしも明るい話題ばかりとは限らない。
時には嫌な気持ちになることもあると思う。

スポンサードリンク
( 2016/03/31 08:42 ) Category 不眠症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法