FC2ブログ

健康と病気



ドライアイ 涙の異常 

ドライアイ 涙の異常かすむ視界

ヨミドクターより

ドライアイ
涙の異常で目が乾いたり、かすんだりする病気で、

国内では800万~2200万人が患っているとされ、
パソコンでの作業が多いオフィスで働く人の間で近年増えているという。

放置して目の表面にある角膜(黒目)が傷ついてしまうと、
視力の低下を招く恐れがある。

涙は目の角膜を異物の侵入や乾燥から保護し、
酸素や栄養を供給する働きがあるが、

外側から順に、
水分の蒸発を防ぐ「油層」、
角膜に酸素や栄養を送る「液層」、
涙をのりのように定着させる「ムチン」
の層からなるという。

健康な人の目は乾くと涙が流れることですぐに潤うが、
その涙の量が減ったり、質が悪くなったりすることで起きる病気が、
ドライアイ、とのこと。

乾燥した環境にいることが原因で起きるが、
コンタクトレンズの使用、
パソコンの長時間利用などでも発症する。

最近の研究では、
涙が十分に出ている人でもドライアイになる可能性があることが
わかってきたとのこと。
涙が5秒以内に乾いてしまう「BUT短縮型」というタイプで、
ムチンに問題があると考えられている、と。

 そのほか、
涙腺が破壊される「シェーグレン症候群」や、
まぶたが正常に開閉できなくなる「 眼瞼痙攣(がんけんけいれん) 」
などの病気が原因で発症することもあるという。


 涙の量や質に異常があると、目がごろごろしたり、
充血して赤くなったり様々な症状が現れるが、
白っぽい目やにが出たり、ヒリヒリとした痛みを感じたりする
人もいるという。

症状が悪化すると、
肩こりや頭痛、心身の不調にもつながるが、
角膜の中央に傷がつけば視力低下を招く恐れもある。

軽症の場合は、涙の量を増やしたり、
定着を促したりする目薬で治療する。

重症の場合は、
涙の出口である「涙点」に栓をすることで涙をためる
涙点プラグを使った治療をするという。

シリコーン製のプラグの大きさは、
直径約0.7ミリ、長さ約2ミリほど。

点眼麻酔をするので挿入時に痛みはほとんどなく、
治療にかかる時間も約15分。

ドライアイは慢性的な病気なので
完治させることはなかなか難しいが、
こうした治療を行うことで快適な日々を
過ごすことができるようになるという。

予防法:

「三つのコン」潤い対策を
 エアコン、コンタクトレンズ、パソコンの
「三つのコン」の対策をとることが、予防の近道。

エアコンは、直接目に当たらないよう風向きに注意すれば、
乾燥を抑えられる。

コンタクトレンズは、
涙の層を分断するほか、ソフトタイプの中には涙を吸収し、
乾燥を招きやすくなるものもある。
目に異常を感じたら、使用を減らし、
メガネにするのも一つ。

パソコンの画面を凝視すると、
まばたきの回数が減り、
十分な量の涙が目に行き渡らないことがあるので、
パソコンを長時間使用する時は、
休憩を挟み、画面は目線より下に置いた方が、
目の乾きを緩和できるとのこと。


ヨミドクターより

スポンサードリンク
( 2018/09/26 16:55 ) Category 眼科 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京医大に受験料返還要請! 

2018年9月22日 ニュース・解説 ヨミドクターより

東京医大に受験料返還要請
…消費者機構日本 2017・18年不合格女子ら対象


 東京医科大が女子受験生らの合格者数を抑制していた問題で、
NPO法人「消費者機構日本」は21日、同大に対し、
不利益を被った受験生に受験料を返還するよう申し入れたと発表。

NPO法人は消費者裁判手続特例法に基づき、
被害者に代わって損害賠償を求めて提訴できるという。

返還に応じない場合、同法に基づいた初の訴訟に踏み切る方針、
だという。

NPO法人は、
東京医大が女子受験生らの得点を調整すると事前に告知しておらず、
公正に合格者を選抜しなかったと指摘。

不法行為または債務不履行に当たるとし、
得点を低く調整された受験生への受験料返還を求めた。
対象は、同法に基づいて被害回復を請求できる、
2017、18年の入試で不合格だった、
女子受験生と3浪以上の男子受験生。
受験料は6万円だった。

申し入れ書は19日に送付、10月5日までの回答を求めた。
東京医科大は「期日までに回答したい」
としている。

NPO法人は受験生らに情報提供を求めており、
20日までに59件の情報が寄せられた。
情報提供や問い合わせは、
NPO法人(03・5212・3066、平日午前10時~正午、午後1~5時)。

スポンサードリンク
( 2018/09/23 09:56 ) Category 医学部受験ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)

高齢者の強いかゆみ 皮膚科クリニック・江畑俊哉医師 

かゆみに悩む高齢者は多い。
65歳以上の34%が1週間のうちに無視できないほど強いかゆみを感じた
という米国の調査研究もあるという。

「ちとふな皮膚科クリニック」(東京都世田谷区)院長の江畑俊哉さんにきく。
=ヨミドクターより=

江畑医師によると、高齢者がかゆみを感じやすい理由は主に三つあるという。

・皮膚の水分や皮脂の量が減り、かゆみを感じる神経が表面近くまで届くこと。

・高齢者に多い腎臓や肝臓などの病気により、
神経細胞に働きかけてかゆみを起こす物質が増えてしまうこと。

・薬剤の副作用。いくつか持病があり何種類も薬を飲んでいると影響が出やすい。

スポンサードリンク
( 2018/09/12 07:49 ) Category 皮膚科 | トラックバック(-) | コメント(-)
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法