健康と病気



アルツハイマー病、薬3種の併用有効 iPS細胞で特定 井上治久 教授 

アルツハイマー病、薬3種の併用有効 iPS細胞で特定

朝日新聞デジタル

iPS細胞

 認知症で最も多いアルツハイマー病で、
患者の脳にたまる特定のたんぱく質を減らす効果がある薬を、
京都大の井上治久教授(幹細胞医学)らの研究グループが、
患者らから作ったiPS細胞を使って特定。

パーキンソン病の治療薬など3種類の組み合わせが有効という。
(22日、米科学誌セルリポーツに発表する)

 アルツハイマー病の原因ははっきりしていないが、
患者の脳に「アミロイドβ(ベータ)」というたんぱく質が発症前から
たまることが分かっており、蓄積を減らせば発症を抑え、
治療につながると期待されている。

この病気の治療薬が販売されているが、
進行を遅らせる対症療法だ。

 グループは、患者の皮膚などから作ったiPS細胞を使って
大脳皮質の神経細胞を作り、病気の状態を再現。

この手法で作った患者9人と健康な人4人の大脳皮質の神経細胞を使い、
1258種類の既存薬からアミロイドβを減らす効果があるものを探した。

結果、
パーキンソン病、ぜんそく、てんかんの治療薬という3種類の併用が
最も効果が高く、患者でアミロイドβが作られる量を
平均30%以上減らせたという。

 発症前から服用すればアミロイドβが作られるのを抑え
発症を予防できると、井上治久教授は期待する。

ただ、
それぞれの薬は安全性が確認されているが、
組み合わせた場合の副作用などを詳しく調べる必要があり、
ただちには治療に使えない。

井上さんは「臨床試験を視野に入れて研究を進めたい」と話す。

 iPS細胞を使って薬の候補を探す「創薬」は将来性が期待されている。
井上さんらの別のグループが、白血病の抗がん剤に筋萎縮性側索硬化症(ALS)
への効果を確認。

筋肉に骨ができる難病では、
京都大の別のグループがある免疫抑制剤で効果を確かめ、
患者が服用して効果などを確認する治験を進めているという。
.
☆井上治久 教授
1992年京都大学医学部卒
1992年京都大学医学部附属病院神経内科
1993年財団法人住友病院神経内科
1997年国立精神・神経センター神経研究所
1997年ペイチ医科大学神経病理学教室
1999年理化学研究所脳科学総合研究センター
2004年ハーバード大学医学部マクリーン病院
2005年京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座臨床神経学
2009年京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター
2010年京都大学iPS細胞研究所 京都大学 准教授
2014年京都大学 教授
2017年現在 理化学研究所バイオリソースセンター 
創薬細胞基盤開発チーム チームリーダー(併任)
スポンサードリンク
( 2017/11/22 12:37 ) Category アルツハイマー病 | TB(0) | CM(0)

格闘技通じて感染する水虫菌(はくせん菌) 

頭や体部に寄生して、
毛が生えなくなるおそれもあるという水虫菌
格闘技通じて感染することがあるという。

ヨミドクターより

関東地方の男性(22)は、
2010年6月、頭や首筋にできた赤い小さな斑点に気づいた。
だんだん大きくなり目立つようになったため、近くの皮膚科を受診したところ、
水虫菌(白癬菌)の一つ、
トンスランス菌」が原因とわかったという。

頭や体をぶつけ合う格闘技を通じた感染が多く、
男性も、幼稚園から柔道を続けていた。

《国際試合で外国人から日本人に伝染か》 
「トンスランス菌」は、水虫菌の中でも、感染力が強い。
皮膚や毛髪が含むたんぱく質を栄養として、
主に頭や体部(顔、胴体部分、手足)に寄生する。
皮膚同士の接触で人からうつる。
床に落ちた毛髪やあかから感染することもあるという。

 
赤い点から始まり、直径1~2センチほどの環状に広がる。
体部ではかゆみや痛みはほぼないが、皮膚がかさかさになる。
頭部では、かさぶたが生じ、毛髪が抜け落ちる。
まれに、毛根が破壊され、永久に毛が生えなくなるという。

菌は、長期間生き残る。
周囲への感染を防ぐためにも、抗真菌薬でしっかり治療する必要がある。

症状は個人差があり、頭部ではほとんど出ないこともある。
軽いと放置してしまい、保菌者として人にうつす可能性がある。

ヨミドクターを読んで

スポンサードリンク
( 2017/10/31 21:22 ) Category 水虫菌 | TB(0) | CM(0)

高齢者がん…「肺」58%、「胃」56%で積極治療せず 

85歳以上・進行期の高齢者がん
「肺」58%、「胃」56%で積極治療せず


ヨミドクターより

がん患者における高齢者の割合が増える中、
最も病状が進んだ進行がんになった85歳以上の高齢者に対して、
積極的な治療をせず経過観察などにとどめる割合が、
がん種により最大で6割を超えることが国立がん研究センターが、
9日に発表したデータでわかった。

全患者5年生存率65%

がんは進行度に応じて早期の1期から、
他の臓器に転移するなど、最も進行した4期に分類される。

国立がん研究センターセンターによると、
1年間にがんになる人全体に占める75歳以上の割合は、
2012年で42%を占め、2002年(35%)から7ポイント増えていた。
高齢化の進展で今後も割合は増えるとみられる。


スポンサードリンク
( 2017/10/24 16:49 ) Category 高齢者ガン | TB(0) | CM(0)
関節げんき
長く続く膝関節の痛み、水がたまった経験。膝関節改善についての体験レポート。
最新記事
ブログ主
◆病気と健康について考えたり感じたりしていることを綴っていきます。医療機関と医師についてもふれていきます。

自らが何がしかの病気に罹ったとき、一般的には、病院とかクリニックという名前の付くところへいきますね。

しかし、そこでの診断に納得がいかないとき、ほかの医師の意見を聞く。
いわゆる、セカンドオピニオンを受けることが大切ですね。

ガンにしても、今日いろいろな治療法がありますから。医師の意見を充分に聞き、自らにマッチした方法を選びたいですね。
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
頸椎症、脊柱管狭窄症、頸椎ヘルニア、ストレートネックの治療法